関係図及び役割

国内クレジット制度では,「排出削減事業者」と「共同実施者」を中心に, 以下のような関係者がいます。


  • 排出削減事業者(中小企業等)
  • CO2排出削減事業を行う者で, 自主行動計画に参加していない企業等が対象となります。
  • 共同実施者(大企業等)
  • 排出削減事業者に対して,技術,資金の提供等を行って 排出削減事業を共同で実施する者で,自主行動計画に参加している企業等が対象となります。
    一般的には,当該事業から創出される国内クレジットの買い手になります。
  • 国内クレジット認証委員会
  • 排出削減方法論や排出削減事業の承認, 国内クレジットの認証を行います。
  • 審査機関
  • 排出削減事業計画の審査や,排出削減量の実績確認を行います。
  • ソフト支援実施機関
  • 排出削減事業計画及び実績報告書の作成や, 審査に係る一連の対応を支援します。
  • その他関連事業者
  • 必要に応じて排出削減事業者・共同実施者の間を取り持ち, 各種支援(排出削減事業の計画・実施支援,モニタリングの代行等)を通じて,排出削減事業に携わります。